脱毛のススメ

脱毛をするのにベストな方法は何か?わかりやすく書いています。

脱毛は濃い毛のほうが効果は高い?

体毛が濃いということで悩む方もいます。ムダ毛を処理する場合にも、かみそりを使用してある程度処理することはできますが、薄い毛の方よりも肌に対しての負担も大きくなる傾向にあります。また、自己処理後、毛穴が目立ってしまうこともあるため、体毛が濃い場合には悩みどころです。

脱毛サロンでは、フラッシュ脱毛などが主流です。毛の黒い部分、毛根に対してフラッシュを当てることになるため、薄い毛よりも濃い毛のほうがあたる部分が多くなるため、その分、両脇脱毛などの脱毛効果に期待することができるでしょう。

専門のスタッフによる処理のため、しっかりとムダ毛を処理してもらえる点や自己処理では、毛が濃いことで肌に対して負担がかかりやすく、肌荒れなどの原因になることもありますが、フラッシュ脱毛などを専門のスタッフに処置してもらうことで、肌に対しての負担もできるだけ軽く処置してもらえるため、肌荒れなどの可能性も低く、肌に対して赤み、痛みなどがある場合には、アフターケアなどもしてもらえるため安心することもできるでしょう。

自分でムダ毛処理がうまくいかない、肌がきれいにならないという場合やムダ毛処理後に肌荒れや毛穴が目立ってしまうことで悩む方は、専門のスタッフによる処置を受けて、肌の悩みを解決するといいでしょう。肌がきれいになることで周囲の人からもイメージアップにつながり、自分に対しての自信にもつながるため、しっかりとムダ毛処理を行ってもらい、きれいな肌を維持していきましょう。

角栓の悩みは毛穴エステですぐに改善できます

定期的にピーリングジェルなどを使用して、古い角質や毛穴に詰まった皮脂、汚れなどを取り除いて丁寧にスキンケアをしているという場合でも、毛穴に角栓が詰まってしまうケースは多いです。原因はさまざまですが、やはりお肌の水分と油分のバランスが乱れてしまったり、加齢によるコラーゲンの減少などによって、少しずつ毛穴が開き、皮脂や汚れも詰まりやすくなってしまいます。

若い世代の方でも、皮脂の分泌量が多くて毛穴が詰まり、角栓ができてしまう場合もあります。毛穴の問題を解決するためには、水分と油分のバランスを整えてしっかり保湿することや、徹底的なクレンジング、お肌のマッサージ、角栓を取り除くようなケアが欠かせません。しかしかながら、このような毛穴ケアを自力で行っていくのは簡単なことではありませんし、場合によってはお肌にダメージを与えてしまうこともあるので、自力で毛穴の問題を解決しようとするよりも、毛穴エステに足を運んだほうが効果的です。

毛穴エステは値段が高いと思われがちですが、全くそんなことはありません。人気の大手エステサロンでも、かなり安い値段で毛穴エステを受けることができるようになっていますので安いサロンを見つけましょう。施術の流れとしては、クレンジングから角栓を取り除くためのマシンを使用した施術、お肌のマッサージや保湿ケアを行っていきます。定期的に毛穴エステを受けることで常に綺麗な状態を保つことができるので、ぜひ受けてみてください。

家庭用脱毛器で全身脱毛

この前、高校時代の友人と集まってお茶をしていたとき、ふとした事から脱毛の話になりました。
やはりカミソリだけだとすぐに伸びてしまうし、子どもがいたらエステにも通いづらい。
そこで家庭用の除毛器を使っているという友達の話を聞いたのですが…

その友達が使っているのはパナソニックのソイエというものだそうです。
少し前まで、「綺麗なお姉さんはすきですか?」と仲間由紀恵がCMをしていたシリーズの除毛器だと思います。

その除毛器は髭剃りのような先端で、肌に当てると毛根から毛を抜いてくれるというもの。
ここまで聞いた時点でかなり痛そうだな、と思いました。

ウィーンという機械音と共に肌に当てると毛を次々と抜いてくれるようですが、やはり痛いのと、冷やしながらやらないと毛穴が赤くなり、ヒリヒリするとの事でした。
イメージとしては、お米の刈り取りの機械を肌に当てているよう、とその友達は言っていました。

しかも、有る程度の長さのある毛しか抜けないので、肌を出すかなり前に有る程度の長さに毛を伸ばしておいてからしか使えず、数日おきにコンスタントに使うようなものでもないので、買ってもそう頻繁には使えないとの事です。

毛が抜けた所はカミソリで剃った所よりも効果が長持ちするそうですが、毛根から抜いたと言ってもしばらく経つとやはり毛が生えてくるようです。
何より肌に負担がかかるからオススメ出来ない、という話でした。

家庭でいつでも使える手軽さは魅力ですが、これならもう少し価格が高くても、全身脱毛にも使用可能な光脱毛の機器を検討しようかな、と思いました。

肌トラブルって…(´・ω・`)

今日は脱毛について友達のあいちゃんに聞いたこわーーいお話(;_;)

去年の夏、夏だし露出する機会も増えるからきちんと脱毛しなきゃねーー!ということで、薬局によく売ってる市販の脱毛剤を色々と試してみることにしたみたい。

クリーム状になってて、塗って少ししたら刃の無いカミソリみたいなので足を撫でると毛がなくなるやつとか、脱毛テープとかいうガムテープみたいなのをベリッて剥がすやつとか…

でもお金かかるし…(´・ω・`)
ってことで、時間はかかるけどピンセットで自分で抜くことにしたらしい。

初めはそれで問題なかったらしいんだけど…

次に生えてきたころには……

あれっっ???
毛が埋まってる……???

どうやら、よく聞く埋没毛とかいうのになってたみたい。
肌の表面がブツブツザラザラで、所々に黒く毛が埋まってるって感じらしくて…

その埋まった毛を抜くためにピンセットでグリグリ(。>д<) そのうちに毛と一緒に毛穴から血まで出てきて、その部分はカサブタみたいになっちゃったらしい。 当然、毛のないツルツルの足どころか肌の表面がボロボロになって、とてもじゃないけど足を出すような服は着られなかったって(;_;)(;_;) セルフ脱毛も何の知識もなくやっちゃダメだねってお話しでした。。。

そんな理容室は嫌だ

結婚式でウェディングドレスを着る場合、ドレスのデザインによっては背中やワキのムダ毛の処理が必要なことがあります。

まぁ、ワキに関してはどんなデザインでも必要でしょうが(笑)
背中のムダ毛の処理は自分ではできないので、理容室にいってやってもらうことになります。

私の友人も背中の出るデザインのドレスだったので式場の担当者に「背中のムダ毛を式の3日前までには剃ってきてください、前日は何かあった時に困るのでおススメしません」と言われたそうです。
でも友人の家の近くには年季の入った理容室しかなく、一人で入る勇気がなかったので旦那さん(当時は婚約者)についていってもらったそうです。

予約もせずにいったのですが、客は誰もおらず、椅子も3台あるにもかかわらず、1台は荷物置き場になっているという始末。

入って「失敗したー」と思ったそうですが、何もしないで出ていくこともできないので「結婚式でドレスを着るので、背中を剃ってもらいたい」とお願いしたそうです。

そして旦那さんは待合い席で雑誌を読みながら待つことに。

とりあえず問題なく剃り終えることができたそうですが、剃ってもらっている間中「結構毛深いんだねぇ」とか「こんなに毛深い背中は初めてだ」などということを言われ続けたそうです。
(決して彼女は毛深くなんてありません)
そして旦那さんのほうも、雑誌でも読もうとしたら置いてある雑誌は数年前の釣り雑誌ばかり、よく見ると店内も釣りをしている写真があちこちに飾られていたとのこと。

なんかちょっとケチをつけられた感じですが、当人たちは今でもそのことを思い出して笑いあってるそうなのでよかったです。

脱毛クリームに要注意!?

友人から聞いた脱毛クリームのトラブル体験のお話です!

友人は薬局等で売っている、市販の脱毛クリームを使ってムダ毛処理をしていたそうです。
敏感肌用の方の製品で、入浴中に使えるタイプらしく、クリームを塗って数分経ったら、
付属のゴムベラで、そのムダ毛の部分を優しくなぞると毛が剃れるらしいです。

恐らく脱色クリームとは違い、毛自体を細くするか、抜けやすい状態にしてくれる
クリームを使って処理をするタイプの物なんだと思います。

友人も買った当日速攻試して、クリームを塗った後は記載された時間が経つまで
大人しく待っていたそうです。
そして時間が来たので、本人としては優しくなぞったつもりが・・・なんと
毛だけじゃなく皮も剥けたそうです!!

血は滲むし、傷はクリームによりヒリヒリするしで大変だったそうです。
そして驚く事にクリームが爪の表面にもついていたそうで
それを水で流したら、クリームがついてた部分だけ爪が薄くなっていたらしいです。

脱毛クリーム恐ろしや!・・と友人は語っておりました。
友人の肌が弱かっただけかもしれませんが、記載の時間を守り処理しても
皮膚に合わないと、本当に怪我に繋がるんだなと改めて思ったお話でした!

夏に向けてムダ毛処理する人が増えると思いますが、
お肌の弱い方は、くれぐれもご注意して下さいね!

脱毛器の種類は何が違うの??

脱毛器で脱毛をしようと考え、お店に行ったら脱毛器の種類の多さに吃驚してどれを購入していいのかわからず、悩んで買えなかったなどという経験はありませんか。現在数多くの脱毛器がありますが、それぞれの特徴や効果、注意すべき点などしっかりと情報を集めた上で間違いのない脱毛器を選びたいですね。

まず脱毛器の種類ですが、大きく分けると抜くタイプと剃るタイプ、そしてレーザータイプの物が人気を集めています。エステ等で使われているレーザーを、家庭用に改良して個人で扱えるようにしたもので、レーザータイプを更に改良したものがフラッシュ式の脱毛器です。

では、それぞれの特徴を見て行きましょう。
剃るタイプは剃刀やシェーバーが一般的です。顔の産毛など広範囲を処理するのが楽で、痛みも無く低価格で簡単に出来るのが利点ですが、脇の下など太い毛に対しては処理後が目立つこと、また皮膚を傷めてしまうのが難点です。また表面に出ている毛しか処理できないので、比較的短いスパンで処理を行う必要があります。

抜くタイプにはローラーを転がして、ムダ毛を絡ませて抜くといったものがあります。
これも割と低価格で入手しやすいのですが、抜く際に痛みが伴うといった点がデメリットと言えます。

レーザータイプは値段が少々高くなりますが、エステに通うよりはずっと安く、脱毛効果が非常に高いと評判です。機械の扱いが難しかったり、調整をきちんとしないと肌のトラブルの危険性がありますが
性能の良い機種が出ているので、そういった点も改良されつつあります。

脱毛器で脱毛をするならば、自分に合ったタイプの脱毛器を選びましょう。